早漏(PE)の原因と症状

2020年01月30日
考えている夫婦

早漏は、大きく分けて先天性の早漏と、後天的に起こる早漏とが存在しています。
先天性の早漏については、元々の体質によるところが大きく、初めて性交渉を持った時から早漏の症状に悩まされることになります。
一方、後天的な早漏については、様々な原因で起こりやすく、早漏に悩みを感じている方の大半が、後天的な原因によって起こっている特徴があるのです。
後天的な早漏の中でも、精神面が影響を与えていることも多くなっています。
仕事などでのストレスが大きい方や、不安など精神面の不調に見舞われている方は、ストレスによりホルモンの働きが鈍ってしまうほか、プレッシャーにより持久力の低下が起こりやすくなってしまいます。
ストレスの点でいえば、パートナーからの期待が高すぎることでもプレッシャーを感じやすくなり、思ったような性生活を送ることが出来なくなってしまうのです。
また、長く性交渉を持っていなかった方についても、性交渉を行った時の刺激に耐えられなくなり、早漏に陥りやすくなってしまいます。
長期間、異性と付き合っていなかった方は、性器の過敏性も上がっており、性交渉を持った時に刺激に耐えられなくなってしまうのです。
早漏の原因としては、他にも体の病気が影響している場合もあるのですが、多くは精神的なストレスや過敏性が原因となっています。
様々な原因によって起こる早漏の問題を解消したいときには、ベンゾカインを使ってみるとよいでしょう。
ベンゾカインは、麻酔効果が高いため早漏に悩みを感じている方の対策としても有効となってきます。
麻酔効果によって、心因性の早漏も改善できるようになりますし、ベンゾカインを使うことで過敏性による早漏の悩みも解消しやすくなるでしょう。