• ホーム
  • ストレスや飲酒後の射精障害をベンゾカインで解消

ストレスや飲酒後の射精障害をベンゾカインで解消

2020年06月11日

ベンゾカインは歯科麻酔などとして利用されている成分なので射精障害でセックスに不安がある場合などに性器に塗布することで刺激を抑制することができるので正常の持続時間で射精をすることができます。
またお酒を飲んだ後にセックスをする場合には亀頭の感覚が鈍くなっているので、射精が遅くなる傾向があります。
しかしお酒を飲んだ後では眠気などが強くなったり、肝臓の処理に血液が使用されることがあるので、正常な勃起ができない場合があります。
勃起状態を維持できない場合には血行を良くするためのドリンク剤を飲むなどの方法がありますが、基本的にはお酒を飲んだ後にはセックスをしないことが大切です。
ベンゾカインは亀頭への刺激を減らすことができるので、性行為に対する不安が原因で早漏になっている場合には非常に効果的なのですが、パートナーとの性行為でスキンシップをする場合に口の粘膜などに触れるとしびれた感覚になる場合があります。
ベンゾカインは細い神経ほど作用しやすい特徴があるので、知覚神経などの細い神経には効果的に作用をします。
不安などを感じて亀頭部分が敏感になっている場合には、ベンゾカインを塗布することで知覚神経の感覚を鈍くすることができるので、早漏などの射精障害には効果が高いとされています。
入手方法としてはネット通販などが一般的ですが、使用法などをしっかりと守らないとアレルギー症状が起きる場合があるので容量に注意をしなければなりません。
またアレルギー反応に関してはパートナーに起きることがあるので、少量を肌に塗って症状が出ないことを確認してから使用することが大切です。
ベンゾカインの他にも様々な局所麻酔薬などが早漏対策として利用されているので、体質にあったものを選ぶことが重要です。